ジミー・チュウ ~デザイナーとしての軌跡~ TOP

ジミー・チュウ

私は、兼ねてからファッション誌やセレブの雑誌でジミー・チュウのことを知っており、興味がありました。 ジミー・チュウのハイヒール

特に腰痛や膝の痛みを抱える私は、本当に「痛くならない靴」あるのかどうかという点が凄く気になっていました。
そこで、その真相を探りたいと思い、まとめることにしたのです。

この「ジミー・チュウ ~デザイナーとしての軌跡~」を読めば、

  • ジミー・チュウのマレーシア時代
  • 靴職人として成功したジミーの秘話
  • 企業「ジミー・チュウ Ltd.」について
  • ジミー・チュウの取扱アイテムについて

を知ることができます。

ジミー・チュウの半生

家族のバックグラウンド…ジミー・チュウは、1961年に、マレーシアのペナンで生まれた中国系マレーシア人です。
幼い頃 ~ ロンドンの大学へ…ジミーが初めて靴を作ったのは、何と11歳の頃です。
学生時代…ジミーは、「コードウェイナーズ・テクニカル・カレッジ」(旧:レザー・トレード・スクール)に二度に渡り入学し、卒業しました。
ハックニーの工房で…ジミーは卒業後、ハックニーにあるビル「ザ・メトロポリタン」に工房を構えました。
ダイアナ妃との出会い…UKヴォーグで特集を組まれ、一気にその名が知られるようになったジミー・チュウ。
80年代までの靴…ファッションにおいて、靴というものは、さほど重要な存在ではありませんでした。
サンドラ・チョイの参加…ジミーの靴がいかに優れているか、それは、ファッション業界や一部の上流階級女性には知られるようになりました。
タマラ・イヤーダイとの会社設立…ジミーがビジネス面で苦戦する一方で、ジミーの知らない所では、彼をビジネスで成功させる動きが着実に進行していました。
多難な会社経営…「ジミー・チュウ Ltd.」は、株式を50/50でジミーとトム・イヤーダイが保有する会社で、トムはCEO及び取締役会長、タマラが代表取締役社長に就任しました。
ブランドの躍進とジミーの戸惑い…会社設立当初から、プレタポルテのコレクションは既にジミーの手から離れていたようなものでした。
オートクチュールとプレタポルテ…私たちはよくパリコレなどで「オートクチュール」と「プレタポルテ」という言葉を耳にします。
ブランド「ジミー・チュウ」の決裂…ジミー・チュウとイヤーダイ家の確執は、次第に弁護士を挟んだ騒動にまで発展していきます。
オートクチュール一筋に…ジミー・チュウが新たな会社「ジミー・チュウ Ltd.」と交わした契約では、ジミーが持っていた条件がリニューアルされることになりました。
新体制でのジミー・チュウ Ltd…ジミーの生活からは切り離された「ジミー・チュウ Ltd.」は新経営陣とタマラの元で、更なる飛躍を遂げることになります。
社内抗争…「ジミー・チュウ Ltd.」がイクイノックス社のもと、新体制で事業が始まりましたが、社内ではタマラとCEOのロバートとの間に亀裂が生じていました。
タワーブルック社~現在…タワーブルック社傘下の「ジミー・チュウ Ltd.」でCEOに就いたのは、ジョシュア・シュルマンです。
ジミーの2000年代…「ジミー・チュウ Ltd.」を創設したジミー・チュウ本人は、企業の中ではあっという間に存在感が薄くなりました。
ジミーの製靴哲学…ジミーは、特別ビジネスに疎かったわけではなく、生まれながらの「職人魂」故に、妥協ができなかったのだと思われます。
次なる目標に向けて…ジミー・チュウは、ロンドンにあるお店で限られた顧客を相手に靴を作り続けていますが、一方で製靴以外のジャンルにも積極的にチャレンジしています。

取扱商品概要

バッグ…ブランド「ジミー・チュウ」では、バッグラインを靴に次ぐ主力商品として立ち上げました。
フレグランス…ブランド「ジミー・チュウ」は、靴、バッグに次ぐ第三の主力商品として長年、フレグランス(香水)ライン創設を模索していました。
メンズシューズ…「ジミー・チュウ」といえば、元々はラグジュアリーでエレガントなピンヒールが主力商品の、いわば「レディースシューズ」に特化したブランドです。
コラボレーション、その他…ジミー・チュウでは、財布やスカーフといったアイテムも展開していて、セレブの間では大人気です。

店舗情報

東日本の店舗…東日本にある店舗情報。
東海・西日本の店舗…東海地方・西日本にある店舗情報。