ジミー・チュウ ~デザイナーとしての軌跡~ TOP > 新体制でのジミー・チュウ Ltd

新体制でのジミー・チュウ Ltd

ジミーの生活からは切り離された「ジミー・チュウ Ltd.」は新経営陣とタマラの元で、更なる飛躍を遂げることになります。

まず、ブランド「ジミー・チュウ」の創設に携わり、自ら「ジミー・チュウの広告塔」として世界を飛び回ってきたタマラは、既にファッション・アイコンとしての地位を確立していました。

母が元シャネルのモデルで、タマラもその美貌を受け継ぎ、生まれつきカリスマ性を備えていたに違いありません。

また、タマラと新ビジネスパートナー、ロバート・ベンソーサンと、頻繁に衝突しながらもうまく連携し、全米でも知られる一流ブランドに成長したのです。

2001年当初、まずイギリスの高級老舗デパート「ハーヴェイ・ニコルズ」への出店を果たしました。

それを皮切りに、ニューヨークとロサンゼルスにも出店、アルマーニやシャネルなどの一流ブランドが集う場所にブランド「ジミー・チュウ」は次々と出店を果たしたのです。

創設されてからわずか5年ほどのブランドがアルマーニと肩を並べるのは、ある意味驚異的なことです。

ほかのブランドは、どこも長い歴史の中で一流ブランドとしての地位を確立してきたのに対し、ジミー・チュウはそれとは比較にならないほどのスピードで、これらのブランドに追いついてきたのです。

2001年~2004年で、ジミー・チュウは売り上げを3倍以上に伸ばし、堂々の世界的スーパーブランドになりました。