ジミー・チュウ ~デザイナーとしての軌跡~ TOP > ダイアナ妃との出会い

ダイアナ妃との出会い

UKヴォーグで特集を組まれ、一気にその名が知られるようになったジミー・チュウ。

しかし何よりも「ジミー・チュウ・ブランド」のPRになったのは、ダイアナ妃が彼を支援したことです。

ダイアナ妃は元々、弱者の味方に立つプリンセスとして知られ、チャリティ活動に精力的な人でした。

ファッションに関しても例外ではなく、多くの若手英国人デザイナーの洋服を積極的に着こなし支援していたのです。

ダイアナの元にジミーの噂が届いたあと、ダイアナはケンジントン宮殿でジミーと会う機会を設けました。

そして、すぐに6足もの靴をオーダーしたのです。

ジミーは限られた時間の中で、彼女のために全力で靴を作りました。

そしてそれ以後、ダイアナ妃は公の場所で、必ずといっていいほどジミーの靴を履いて登場し、ジミーは「王室御用達」の地位を得たのです。

後に彼は、
「彼女は多くのイギリス人若手デザイナーにチャンスを与え、ブランドが世に知られるようにしてくれたんだ。彼女には感謝しきれないくらいだ」
と語っています。

ダイアナも、彼の靴に対する哲学、全てをハンドメイドで丁寧にこなす職人技術、そして、ラグジュアリーさと心地よさが同居した彼の靴の魅力にいち早く気付いたのだと思います。

ジミーの靴は最高に芸術的かつ機能的で、高いお金を支払うに値するスーパーシューズとして、人々に知られるようになったのです。